黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

個性を磨き世の中に貢献すると・・・。

2014/12/24 23:38

『 自分は有用の人材なりとの自信ほど、
     彼に有益なるものはあるまい 』

アンドリュー・カーネギー氏>(1835年 - 1919年)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。その後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行った。-

 カーネギー氏1

かなり以前に翻訳されているので古い言い回しになっていますが、意味合いとしては、
自分に自信を持つことは非常に重要だということでしょう。

いろいろな事業を成功させてきた、カーネギー氏だからこそ、
たどりついた言葉かも知れません。


とかく、人は、失敗したり、他人からしかられたりすると、それを
自分の人格と結びつけて、自分はだめな人間だと自信を失いがちです。


しかし、本当は、単に、経験が少なくてまだ完璧に出来なかったり、
その作業や仕事に向いてなくてスムーズにできないだけだったりします。

できないものは経験して伸ばせばいいし、自分の不得意な分野で勝負しなくても、
自分の得意な分野で勝負し、他人や会社や世の中に貢献すればいいだけです。

でも、自信を失い、自分にダメ人間だというレッテルを貼ってはいけません。

そんなことをすれば、何かにチャレンジする気力を失い、人それぞれが持っている
良さや才能を発揮することができなくなってしまいます。


今、もし、うまくいっていなくても、誰でも人には、ほかの人には無い、良さや才能が必ずあるのです。

人間は、自分の才能や特別な部分には気づきにくいものです。

なぜなら、その才能は自分にとっては当たり前だから。

でも、当たり前で自分ではなんでもないことが、ほかの人から見たら、特別で貴重だったりするのです。

ぜひ、自分の短所ではなく、良い所に目を向けてみてください。

自分で気付いていないのなら、誰か周りの人に聞いてみるのも良いかも知れません。

誰かから褒められたり、すごいと言われること、感謝されたこと、
そこに自分では当たり前の、気付かなかった才能がきっとあるはずです。

もし、そういうものが無いというのであれば、もっと積極的にいろんな事に
チャレンジし、経験する事からはじめてみてください。

“うまくいかないな”と、感じているのなら、まだ才能を発揮する機会に出会っていないだけかもしれません。

ぜひ、興味を引かれるものがあれば、『自分には無理』
なんてあきらめずにチャレンジしてみてください。

そこから新しい人生が開けるかもしれません。

そして、目的とする成幸(成功)に、自分も周りの人たちと共に到達しましょう。

 カーネギーホール1   カーネギー氏3
 ※ 写真は、米国NY州のカーネギーホール内部です。

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

心からはじまるのです。

2014/12/03 23:45

『明日の実現を妨げる唯一の壁は、
 今日抱いている疑いである。』


『恐れるべきものは何もない。
 私たちは、ただ恐れを恐れているだけだ。』

  - フランクリン・D・ルーズベルト氏(第32代アメリカ合衆国大統領)-

フランクリン・ルーズベルト氏

世界恐慌の最中に就任した、フランクリン・ルーズベルト大統領は、
アメリカの政治史上で唯一、4度大統領に選ばれた大統領です。

多くの失業者を抱える中、ニューディール政策などを実施して、アメリカを回復させ、
さらに、第2次世界大戦で連合国を勝利に導くなどの功績を残した事で知られます。


彼の功績は、政策を実施したことはもちろんの事ながら、
大恐慌からアメリカを救ったのは、毎週、ラジオを通じて演説したからだという話があります。

その演説の中身は、『成功哲学』だったと言うのです。

どこの国にも、原稿を書くシナリオライターがいますが、当時、大統領原稿を書いていたのが、
ナポレオン・ヒル博士だと言うのです。

『思考は現実化する』という本は有名著書ですが、
その原稿は当時のホワイトハウスの中で書かれたのだとか。


つまり、ナポレオン・ヒル博士の成功哲学をベースにした演説を国民に発信し続け、
国民の心から恐怖を取り去り、希望の灯を灯したことで、
大恐慌、不況を吹き飛ばしたというのです。


経済学者は、第2次大戦の戦争需要があったからだと言う定説があるのも知っていますが、
“景気の気は気持ちの気”というように、不況は、人間の心の恐怖、不安が
引き起こす物でもあります。

その原因は、金融不安かもしれない。でも、人間の心が恐怖や不安から開放されるまでは、不況は続く。

だから、心に灯をともす必要がある。そして、それを現実だと疑い深い人に
信じてもらうためには、ニューディール政策などが必要だったかもしれない。


しかし、やはり、全ては人の心から始まるのです。

私たちの夢を妨げているのは、疑い、恐怖でしかない。

その疑い、恐怖を捨て去ったとき、私たちの夢の実現を妨げる物は何も無い。

全ては私たちの思考、心から始まるです。

雄大な景色1
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

ひとりから始まる!

2014/11/24 23:59

『 物事を考える人は大勢いるが
  行動を起こすのはたった一人だ 』
 - シャルル・ド・ゴール(フランス第18代大統領1890年生~1970年没) -

シャルル・ド・ゴール氏

シャルル・ド・ゴールは、第2次世界大戦中、ドイツ占領下のフランスでレジスタンス活動の
中心となり、その後、首相、大統領になった人物です。


多くの人が、ドイツの弾圧を恐れる中、ドイツに立ち向かおうというメッセージを発信し行動した人物です。

世の中で、もっともらしいことを言う人、政治や世の中はこうあるべきだと熱く語る人ビジネスアイデアを語る人
そうした人はたくさんいます。

しかし、実際に行動を起こす人、行動し続ける人は、ほんの一握りです。

そして、そのほんの一握りの中からしか成功者は生まれません。

“成功したければ人と違うことをやれ”
という言葉はよく聞きます。

人と違う最大のこと、それは“行動”です。

私たちは、何かにチャレンジするとき、自分を超えようとするとき、ましてや、夢、目標に向かう時は、必ず行動を起こさなければなりません。

夜明け前

[編集]

スポンサーサイト

関連記事

運命を、幸めぐる運命へ

2014/11/18 01:53

『本当に尊敬できる人間は、
 困難に遭遇した時に確固たる態度が取れる人である。』
  -ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(作曲家)-

日本人が好む合唱曲と言えば、ベートーヴェン作曲の交響曲第9番の第四楽章にある「歓喜の歌」でしょう。
日本では大晦日の定番になっていますが、これって日本だけみたいですね。

そして、ベートーヴェンほど多くの困難に直面した作曲家も居ないかもしれません。

1770年12月に音楽一家に生まれたベートーヴェンは子供の頃より、厳しい音楽の教育を受けたようです。
しかし、当時のベートーヴェンは、不器用でバイオリンが下手だったそうです。
しかも、練習して技術を磨くより、自作の曲を好き勝手に弾いたと言います。

16歳の時に、モーツァルトに弟子入りしようと向かったウィーンで最愛の母の訃報を聞き、
それも叶わず生家のあるドイツの町ボンに戻りました。

祖父は名高い音楽家でしたが、アルコール依存症で仕事を失った父に代わって仕事を掛け持ちし、
家計を支えたそうです。その父も22歳で亡くし、弟二人を抱えて音楽家として独立します。

ハイドン ※作曲家フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

ハイドンに師事していた時に本格的に作曲を学んでいたので、
20代になってから、徐々に音楽家としての名声を得始めますが、ここで、
音楽家として最大の困難が、ベートーヴェンをおそいます。

その困難とは“難聴”です。

20代の後半から持病の難聴が悪化し、音楽家にとって命ともいえる音が聞こえづらくなったのです。

また、丁度その頃、身分の違いで結婚を許してもらえなかった、恋人であったジュリエッタが、他の人と結婚してしまいます。絶望したベートーヴェンは、生きるべきか、死ぬべきか迷った末、とうとう死を決意し遺書を書きます。


そして、死ぬ前にピアノに向かい、ジュリエッタの為に書いた
ピアノソナタ 『月光』 を静かに弾き始めました。

ところが、弾いているうちにベートーヴェンは不思議な感覚を覚えました。

音はよく聞こえないのに、心では、はっきりとメロディーが流れているのを感じたのです。

その時、自殺を決意していたベートーヴェンは、
思い直して強く生きていくことを決意します。

そして、“傑作の森”と呼ばれるベートーヴェンの黄金期である、十年間が始まるのです。

生涯を通して9曲を書いた交響曲のうち、3番~8番までの6曲もこの時期に書かれています。
ベートーベンが生涯に製作した楽曲の半数を占めるほどの量と完成度を持っているのです。

そして、その中の一曲が、交響曲第5番『運命』。
ベートーヴェンは、だんだん聞こえなくなっていく耳で、あの有名な交響曲第5番『運命』を書いたのです。

そして、その『運命』についてベートーヴェンは、こう語っています。

ベートーヴェン ※作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン

「運命が私の部屋のドアをノックした。母の死、かなわぬ恋、そして耳の病気。
 望んでなどいないことが次々にやってくる。
 でも私は運命に負けはしない。まっすぐに立ち向かっていくのだ。」 


歴史に名を刻む人達の多くは、人生の中で、何度も困難に直面しています。
ウォルト・ディズニー、トーマス・エジソン、自動車王ヘンリー・フォードなど・・・。


私たちも、時として、信じられないような事が起こったり、思いがけないような困難に遭遇する事もあります。

自分の身に降りかかるそうした事柄は予想のしようも無く、コントロールすることも出来ないことばかりでしょう。

しかし、私達は、どんな時でも、その出来事に対して、どのように反応し、そして、どのような態度で臨み、行動するかは、常に自分自身で選択することが出来ます。

どんなにつらい状況でも、どんなに理不尽で、運命や神を恨みたくなるような時でさえも、

『絶対に負けない』

と決意し、前に進むと、選択することはできるのです。

私たちは素晴らしい未来に向かうことが出来るのです。

そして、自分たちの“成幸(成功)”をつかみましょう。

運命
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

あきらめなかった、偉人たち・・

2014/11/08 23:59

あきらめなかったのは、カーネルサンダースさんだけではありません。

J・K・ローリング氏

ハリー・ポッターが大ヒットし、今や資産1000億円超、年収180億円なんていう
大富豪になったJ・K・ローリングさんですが、離婚し、小さな子どもをかかえ、
収入もなく、生活苦と貧困でうつ病になり、自殺も考えましたが病気を克服し、
生活保護を受けながら小説を書いていたそうです。

そして、完成したハリー・ポッターの第一作「ハリーポッターと賢者の石」をもって出版社を
まわっても、次々と断られ、実に、1年半にわたり、12の出版社から断られ続けたそうです。

ベートーベン
 
ベートーベンは、10代で最愛の母親を亡くし、音楽の才能がようやく開花しだした20代で、耳が聞こえづらくなってしまいました。さらには、身分の違いで恋人との結婚を許してもらえず、その恋人は他の人と結婚してしまいます。

生きるべきか、死ぬべきか、悩んだそうです。
しかし、生きると決めてから、次々と名作を発表していきました。

ディズニー氏

ウォルト・ディズニーは、アイデア不足を理由に新聞社をクビになっていますし、
ディズニーランドを建設する前に何回か倒産しています。

エジソン氏  ヘンリー・フォード氏

トーマス・エジソンは、学校で、先生から『頭が悪く、何一つ学ぶ事ができない生徒』
と酷評されました。

そして、電球の発明では、失敗の連続でした。しかしその時、
「これで、成功に一歩近づいた」と言っています。

自動車王ヘンリー・フォードは成功するまでに5回も倒産を経験しているそうです。


人生には、思いがけないことが起こることがあります。

そんな中で、仕事を失ったり、体調を崩したり、困難な状況に陥る事だってあります。

でも、あきらめてはいけない!
あきらめたら終わり。

でもあきらめなければ終わらない。

どんな苦しい状況にあったとしても、あきらめてはいけない。

なげやりになってもいけない。

あきらめない限り、希望はあるのです。

希望を見つけ、そして、希望を持って、前に進まなければなりません。

[編集]

スポンサーサイト

関連記事