黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

状態が結果をつくる。

2014/06/02 22:05

あなたの今の状態は、
良いですか?
そうでは無いですか?


ここで言う状態というのは
「焦点」「言葉の使い方」
「体の使い方」
の3つのことを言います。


たとえば、いい状態のときというのは、

・目標の達成に焦点が当てられ
・『絶対にできる、やる』といった
 自信にあふれた言葉を使い

・胸を張り、姿勢もよく、表情も、
 目も自信に満ち溢れて見える


そんな状態です。


逆に悪い状態とうのは、たとえば

・失敗した時の事に焦点が当てられ
・『失敗したらどうしよう。』『どうせ無理』と言った言葉を使い
・背筋も丸まり、うつむいて、表情も暗い

そんな感じです。

そもそも、集中して焦点を当てられる、目的や目標が
明確になっていますか?
目標の明確化が大前提であるのは
言うまでもありませんが。


良い状態と、悪い状態、
どちらの方が、目標は達成されやすいか?

もちろん、いい状態の時の方が
達成されやすいわけです。


たとえば、自分には、無理だと思っていたことでも、
追い込まれて腹をくくって
やるぞと決めると、意外にできたりします。


良い例がスポーツです。能力を持っている人が、
本番で気分が高揚したり、盛り上がっていると、いつも以上の
力が出せて、予想以上の記録や結果が出たりします。

これこそ、状態の力だと思います。


また、逆に状態が悪いと、今までできていたことさえも
できなくなってしまいます。


体験的に、心の余裕がなくなっただけで、
自分のスキルが出せなくなってしまったことはありませんか。


また、不安や恐怖こそ、
本番までに克服すべき課題であることも
わかったのです。

そして、その解決策は状態

焦点と、言葉と、体の使い方。

たったこの3つだけ。


一つは、あなたが自分の人生の中で
一番自信にあふれていた経験を思い出すことです。

何かを達成した、ほめられた、結果を出した。

その時の経験を思い出し、その時、何に焦点を当て、
どんな言葉を使い、どんな体の使い方をしていたか?

それを思い出してみてください。


もう一つは、すでに、あなたの欲しい
結果を出している人の状態を真似ること。
モデリングですね。


状態をマスターすることこそ、
成幸(成功)への近道ですね。



にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村
↑↑↑ ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
↑↑↑ いつも応援ありがとうございます。感謝します。

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marochan3.jp/tb.php/18-2dd338dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)