黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

あきらめなければ・・・。

2014/11/07 23:58

カーネル・サンダースさんをご存知ですか?

あのケンタッキーフライドチキンの創始者で、今でも、あのお店には
マスコットとして彼の等身大の像が飾られています。

カーネル・サンダース氏  KFC=看板


カーネル・サンダースさんは、1890年に米国のインディアナ州で生まれました。

しかし、彼がまだ6歳のときに、父親が他界して、母親が仕事に出なければならなかったため、
幼い弟や妹の面倒をみるうちに料理がうまくなったそうです。

その後、10歳から農場に働きに出るなど、若いうちから家計を支えるために働きました。

しかし、なかなか定職には就けず、30代後半まで40以上の仕事を転々としていたそうです。

そして、30代後半に、ケンタッキー州でガソリンスタンドを経営するようになりました。

しかし、運悪く、世界恐慌のあおりを受けて倒産してしまいました。
それでも、彼はあきらめませんでした。

今度は、40歳のときに、再度、ケンタッキー州の別の町でガソリンスタンドの一角を借り、
6席のレストランを始めました。

そう、ガソリンスタンドに立ち寄った人に、ついでに食事をしてもらおうという狙いです。
そして、これが大当たり!
たちまち評判になり、大繁盛しました。しかし、そんな彼を不幸が襲います。

一生懸命お店を手伝ってくれていた一人息子が、なんと20歳の若さで、病気のため亡くなってしまったのです。

しかも、失意の中の彼に、さらに追い打ちをかけるかのように、お店が火事になってしまいました。

しかし、彼は、それでもあきらめませんでした。

再度、お店を再建し、以前にも増して繁盛させ、ケンタッキー州に貢献した人に与えられる
”ケンタッキー・カーネル”という名誉称号(名誉大佐)を与えられるまでになったのです。

しかし、そんなカーネル・サンダースをまたまた不幸が襲います。

彼の店は、交通量の多い国道に面していたのですが、なんと、高速道路ができてしまったために、
その国道の交通量が激減し、それと同時に、売り上げもどんどん減っていってしまったのです。

その時、カーネル・サンダースは65歳

さすがの彼も、そろそろビジネスも潮時だと、お店をたたみ、年金で余生を過ごそうと思いました。
しかし、もらえる年金の額を知り、愕然とします。
なんと、一月当たり1万円程度しかもらえないことがわかったのです。

とても生活できる額ではありませんでした。生活するには、何かやるしかなかった。
そこで思い付いたのが、レストランをやっていたときに評判の良かった“フライドチキン”のレシピを売ること。

さっそく、カーネル・サンダースは、レストランを回って売り始めました。
しかし、どの店も門前払い。話さえまともに聞いてもらえませんでした。
それでも、彼はあきらめず、試行錯誤し、最後には、『食べてもらえればわかる』

と、自ら圧力なべや材料を持参して、閉店後に店員に試食してもらったり、
お店のお客さんに試食させてもらったりしました。

そして、ついに、1010件目。彼と契約してくれるレストランが見つかったのです。
そして、ここから、ケンタッキーフライドチキンは全米、そして、世界へと広まっていきます。


次々とやってくる不運や、不幸。

あきらめようと思えば、そのチャンスは、いくらでもあったし、十分な理由もあった。

周りも納得し、彼を責めなかったでしょう。

でも、彼はあきらめなかった。

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marochan3.jp/tb.php/58-e5c0fea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)