黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

ベートーベンと、“CD”の関係

2014/11/16 22:05

年の瀬が迫ってくると、なぜか日本では交響曲第9番 第4楽章 『歓喜の歌』を合唱しますが、
この曲は“ベートーベン”の作曲と知らない人はおられないでしょう。

コンパクトディスク(CD)は、デジタル方式で音声やデータを記録する媒体として、
画期的な発明でした。
音楽業界では、レコードに代わるものにしようと開発が進めらましたが、その際に
ベートーベンが非常に深く関わっていたそうです。

CD盤 CDは、読み取り装置に赤外線レーザーを使い、CDの
記録面に刻印された微細な凹凸から‘0’と‘1’のデジタル信号に変換・記録された情報を読み取り、
音楽などを本来の形で再生する構造になっています。

CDの原型はオランダの“フィリップス社”によって開発され、
現在のCDは“フィリップス社”と日本の“ソニー(SONY)”の共同開発によって作り上げられたものでした。

開発途上の1980年当時、フィリップス社とソニーの間で「CDの記録時間」についての論争がありました。

フィリップス社は60分前後の長さに、ソニーは74分前後の長さを主張していたのです。

この長さを決定したのが、ベートーベンの代表曲の一つである「第九」なのです。

ソニー側の開発者・大賀典雄氏は、「74分前後の長さならばオペラは一幕分途切れることなく収められるし、第九をはじめとするクラシック音楽の95%はCD一枚に収められる」と主張していました。

この主張を後押ししたのが、有名な指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン氏でした。


ベートーベン カラヤン指揮

偉大な指揮者カラヤン氏は、CDは音楽業界に大きな影響を与えるであろうことから、フィリップス・ソニーから開発会議に招かれていました。その際、大賀氏の発言を支持したのです。

このことから、「カラヤンは自分の指揮した第九が収まる規格を支持した」と囁かれるようになります。

しかし実際には、カラヤン氏の指揮する第九は60分前後がほとんどでした。
実は、カラヤン氏は歴史的な指揮者のフルトヴェングラー氏によって指揮された第九をCDに収めたいからこそ、ソニーの74分を支持したそうです。

現在では、CDの記録時間は74分から80分に増大していますが、カラヤン氏の支持がなければ、
というよりベートーベンの第九がなければ、CDは60分前後のままだったのかもしれません。


まったく別のことで、関係のないことと思っていても、歴史的に、文化的に関係していることってあるものです。

私たちも自分には全く関係ないと思って、とおり過ぎると、後になって仕事や人生にとって、とても重要だった、なんて事があるかもしれません。

第9番 合唱
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marochan3.jp/tb.php/63-76cec31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)