黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

心からはじまるのです。

2014/12/03 23:45

『明日の実現を妨げる唯一の壁は、
 今日抱いている疑いである。』


『恐れるべきものは何もない。
 私たちは、ただ恐れを恐れているだけだ。』

  - フランクリン・D・ルーズベルト氏(第32代アメリカ合衆国大統領)-

フランクリン・ルーズベルト氏

世界恐慌の最中に就任した、フランクリン・ルーズベルト大統領は、
アメリカの政治史上で唯一、4度大統領に選ばれた大統領です。

多くの失業者を抱える中、ニューディール政策などを実施して、アメリカを回復させ、
さらに、第2次世界大戦で連合国を勝利に導くなどの功績を残した事で知られます。


彼の功績は、政策を実施したことはもちろんの事ながら、
大恐慌からアメリカを救ったのは、毎週、ラジオを通じて演説したからだという話があります。

その演説の中身は、『成功哲学』だったと言うのです。

どこの国にも、原稿を書くシナリオライターがいますが、当時、大統領原稿を書いていたのが、
ナポレオン・ヒル博士だと言うのです。

『思考は現実化する』という本は有名著書ですが、
その原稿は当時のホワイトハウスの中で書かれたのだとか。


つまり、ナポレオン・ヒル博士の成功哲学をベースにした演説を国民に発信し続け、
国民の心から恐怖を取り去り、希望の灯を灯したことで、
大恐慌、不況を吹き飛ばしたというのです。


経済学者は、第2次大戦の戦争需要があったからだと言う定説があるのも知っていますが、
“景気の気は気持ちの気”というように、不況は、人間の心の恐怖、不安が
引き起こす物でもあります。

その原因は、金融不安かもしれない。でも、人間の心が恐怖や不安から開放されるまでは、不況は続く。

だから、心に灯をともす必要がある。そして、それを現実だと疑い深い人に
信じてもらうためには、ニューディール政策などが必要だったかもしれない。


しかし、やはり、全ては人の心から始まるのです。

私たちの夢を妨げているのは、疑い、恐怖でしかない。

その疑い、恐怖を捨て去ったとき、私たちの夢の実現を妨げる物は何も無い。

全ては私たちの思考、心から始まるです。

雄大な景色1
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marochan3.jp/tb.php/69-6be51124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)