黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

松下幸之助氏の名言

2014/12/20 23:55

松下幸之助氏の名言
―(1894年 - 1989年)日本の実業家、発明家。『 経営の神様 』とも呼ばれ、パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた経営者である。その後、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。―

松下幸之助氏2

『 失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、
 原因があるように思われる。
 最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。 』


『 石の上にも三年という。
 しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。 』


『 いかにすぐれた才能があっても、健康を損なってしまっては
 十分な仕事もできず、その才能もいかされないまま終わってしまいます。
 では健康であるために必要なことは何かというと栄養であるとか、
 休養とかいろいろあるが、特に大切なのは心の持ち方です。
 命をかけるというほどの熱意を持って仕事に打ち込んでいる人は
 少々忙しくても疲れもせず、病気もしないものです。 』


 koketaratatinahare  『 こけたら、立ちなはれ。 』

『 「天は二物を与えず」と言うが、逆に「なるほど、天は二物を与えないが、
 しかし一物は与えてくれる」 ということが言えると思う。
 その与えられた一つのものを、大事にして育て上げることである。 』


『 すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、
 必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。 』


『 とにかく、考えてみることである。工夫してみることである。
 そして、やってみることである。失敗すればやり直せばいい。 』


『 どんなに悔いても過去は変わらない。
 どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
 いま、現在に最善を尽くすことである。 』


 松下幸之助氏1  松下幸之助氏3

[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T13] 松下幸之助氏の名言

松下幸之助氏の名言―(1894年 - 1989年)日本の実業家、発明家。『 経営の神様 』とも呼ばれ、パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた経営者である。その後、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。―『 失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、 原因があるように思...

[T14] 松下幸之助氏の名言

松下幸之助氏の名言―(1894年 - 1989年)日本の実業家、発明家。『 経営の神様 』とも呼ばれ、パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた経営者である。その後、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。―『 失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、 原因がある...
トラックバック URL
http://fc2marochan3.jp/tb.php/76-e3856cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)