黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

新年の抱負にすべきこと!

2015/01/12 23:57

『新年の抱負を持つとき、何かを切り捨てようと決心をするなら、それは真っ先に ”不可能” という言葉にしよう。』

- ナポレオン・ヒル氏(Napoleon Hill,1883年 - 1970年)アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖とも言われ、『頭を使って豊かになれ(思考は現実化する)』(Think and Grow Rich)の著者として世界的に有名である 。( ウィキペディアより抜粋 )-

 思考は現実化する  ナポレオン・ヒル氏

私たちが、日常生活の中で、つい言ってしまいがちなのが、
『 できない。 』 『 無理!』 『 出来るわけがない!』という言葉です。


しかし、大抵の場合は、本当に不可能なわけではなく、

”その時点での、知識、経験では、やり方が分からない。”または、

”必要な資源(お金、時間、人など)が足りない。”だけにすぎません。

つまり、十分な知識や、経験、もしくは、適切な人材や、資源を用意すれば、”可能”なことがほとんどです。

しかし、”できない”、”無理”、”不可能”と言った瞬間に、可能性の扉は閉ざされます。

でも、逆に、この”不可能”という言葉を人生から
排除してしまえば、人生は無限の可能性に溢れています。



実際、成功している人の多くは、意図的に、”無理”とか”不可能”という言葉を使わないようにしています。

とは言っても、つい、そういう思いが湧いてくる事はたくさんあります。

そんな時にどうするかというと、”無理”、”不可能” と、言う代わりに、

『どうしたら、できるだろうか?』
『それをできる人はどこにいるだろうか?』


という質問に変えるのです。

この質問は、自分以外にも、とても有効です。

あなたが、”不可能”という言葉を排除しても、周りの人から”できない”、”不可能”と言われる事もあるでしょう。

そんな時に、

『どうなったら実現できると思いますか?』
『どういう条件がそろえばできますか?』
『それができる人は、本当にいないんですか?』


といった質問に変えると、
不思議な事に、さっきまで、”不可能”、”絶対に無理”と言っていた人が、”可能性”について語り始めるのです。

これは、交渉事などでも使える非常に有効な質問です。
でも、他人との交渉事においても、まず、最初に、自分自身が、
”出来る。達成できる。” と、信じる事が重要です。

ひつじ年の2015年、誰しも抱負や目標を掲げておられると思いますが、
私は、”できない”、”不可能”という言葉を使わない。
を加えて、無理、不可能、限界、そうした枠を外して、
本当に手に入れたい人生へと近づいて行きたいと思います!


これを読んで下さった皆さんは、
新年の抱負として、どんな事を心に決められたのでしょうか?


雄大な景色1
[編集]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T17] 新年の抱負にすべきこと!

『新年の抱負を持つとき、何かを切り捨てようと決心をするなら、それは真っ先に ”不可能” という言葉にしよう。』- ナポレオン・ヒル氏(Napoleon Hill,1883年 - 1970年)アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖とも言われ、『頭を使って豊かになれ(思考は現実化する)』(Think and Grow Rich)の著者として世界的に有名である 。( ウィキペディアより抜粋 ...
トラックバック URL
http://fc2marochan3.jp/tb.php/82-aca7d9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)